K O B U Y  ご利用規約

K O B U Y は、お客様とサプライヤをつなぎ必要な間接材・サービス材を、簡単・便利にご利用できる購買システムです。
K O B U Y のご利用、お取引については、以下の規約が適用されますので、あらかじめご了承ください。

また、ご利用企業情報については、K O B U Y Webサイト(https://kobuy.jp/PurchasePlatform/Login)に掲載される「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」に基づいて取り扱いさせていただきますので、ご理解の程お願いいたします。

第1条 ご利用資格

1.K O B U Y のご利用を希望する企業(以下「ご利用希望企業」といいます。)は、事業者名その他所定の情報を一貫堂に提出して、ご利用登録の申請を行っていただくものとします。

2.一貫堂は前項の申請につき所定の審査を行い、所定の期限までにご利用登録申請の諾否についてご利用希望企業に通知するものとします。なお、一貫堂は、次条に基づくID および 仮パスワードの通知をもって、ご利用登録申請の承諾通知に代えることができます。

3.なお、ご利用希望企業がご利用登録の申請を行った場合でも、ご利用登録の申請を拒絶する場合があるものとします。

第2条 K O B U Y IDの定義

1.「企業ID」とは、K O B U Y のご利用企業に対して、企業情報を識別する為に発行されるIDです。

2.「購買管理者ID」とは、K O B U Y を利用する為のご利用企業利用者IDの発行や購買ルールを設定する為のIDです。

3.「ご利用企業使用者ID」とは、購買管理者により発行された『発注』『承認』『検収』等の権限を付与されたIDです。

第3条 K O B U Y ご利用登録

1.一貫堂がご利用登録を承諾したご利用希望企業について、ご利用登録申請の内容に基づき、ご利用企業登録を行います。なお、提出された情報に誤り、不備等がある場合、追加情報の提供を求める場合があります。

2.一貫堂は、ご利用希望企業に対し、ご利用企業専用の購買管理者用のIDおよび仮パスワードを所定の方法で通知するものとします。購買管理者が、所定の方法により仮パスワードを任意の本パスワードに変更した上でK O B U Y にログインした時点で、ご利用企業登録が完了するものとし、ご利用企業登録が完了した企業を「ご利用企業」といいます。

3.ご利用企業は、K O B U Y ご利用契約の有効期間中、ご利用企業自身(ご利用企業の指定された商品等のお届け先を含む)および関連会社・関係者が、暴力団、暴力団構成員、暴力団関係企業もしくは関係者、総会屋、その他の反社会的勢力ではないことを保証するものとし、これに反した場合またはそのおそれがある場合は、一貫堂からの催告なく、ただちにご利用企業登録が取り消されると同時に、すでになされた商品等のご注文が取り消されることについてあらかじめ承諾します。

第4条 K O B U Y ご利用料金

1. K O B U Y の基本機能は無料でご提供致します。
カスタマイズ料金・オプション料金が発生する場合は当社が別途定めて提示する見積書をご覧ください。

第5条 IDおよびパスワード

1.ご利用企業は、購買管理者を通じて、各ご利用企業使用者に対しご利用企業使用者用のIDおよびパスワード(以下、購買管理者以下に付与されるIDおよびパスワードを総称して「IDおよびパスワード」といいます。)を付与し、かつご利用ガイド等の定めに従い、各ご利用企業使用者のIDに任意の権限を設定、変更等することができます。ただし、購買管理者がご利用企業使用者に対し購買管理者権限を設定した場合であっても、一貫堂はご利用企業のご登録情報に登録された購買管理者のみを購買管理者として取り扱うものとします。

2.ご利用企業は、購買管理者およびご利用企業使用者に各自のIDおよびパスワードを厳格に管理させ(パスワードの適切な設定および変更を含みます。以下同じ。)、他人に使用させてはならないものとします。一貫堂の義務は、所定の方法により、購買管理者用のIDおよび仮パスワードを付与することをもって満たされ、その後の購買管理者用IDおよびパスワードの管理、ご利用企業使用者に対するIDおよびパスワードの付与、権限設定、それらの管理等に関しては、一貫堂は一切責任を負わないものとします。ご利用企業が自己の認証システムとK O B U Y の認証サーバーを連携させる等の仕組みを構築した場合も同様とします。

3.一貫堂は、K O B U Y に送信されたIDおよびパスワードと、登録されたIDおよびパスワード(変更後のものを含みます。)の一致を確認した場合、当該確認時点からログアウトまでの一連の通信を、 全て当該IDに設定された正当な権限を有する者からのアクセスとみなして取り扱うことができるものとします。この場合において、IDおよびパスワードの盗用、端末の不正使用その他の不正行為が行われた場合であっても、一貫堂は一切責任を負わないものとします。

4.ご利用企業は、IDおよびパスワードが第三者に流出・漏洩し、または第三者により不正に利用されもしくはそのおそれがあることを発見した場合、直ちに一貫堂に通知し、一貫堂の指示に従うものとします。

5.ご利用企業は、IDおよびパスワードを失念した場合、一貫堂所定の手続に従うものとします。

第5条 K O B U Y のご利用

ご利用企業は、K O B U Y のご利用企業登録を完了することにより、K O B U Y を利用することができます。

第6条 サプライヤへの発注等機能

1.ご利用企業は、本規約ならびにご利用ガイド等の定めに従い、K O B U Y において、自己がサプライヤカタログの公開を受けているサプライヤに対する、サプライヤ商材に 関する見積依頼、発注、承認ワークフロー、検収管理機能等(以下「発注等機能」といいます。)を利用することができます。

2.K O B U Y におけるサプライヤは以下のとおりとします。 「サプライヤ」:ご利用企業の指定に基づきK O B U Y に登録されたサプライヤをいいます。

第7条 サプライヤカタログの利用開始

1. サプライヤカタログの公開について、一貫堂が販売元の場合は一貫堂所定の審査に基づき利用の許可をし一貫堂が設定することによってサプライヤカタログの公開を受ける事ができます。

2. サプライヤカタログの公開について、サプライヤが販売元の場合は各サプライヤとの間で任意に契約した上で、一貫堂が設定することによってサプライヤカタログの公開を受ける事ができます。ただし、一貫堂所定の理由によりご希望の取引先がお客様指定サプライヤとしてご利用できない場合がございます。

3.サプライヤカタログ公開手続が完了することによって、ご利用企業は当該サプライヤカタログについて利用開始設定のうえ、当該サプライヤカタログ上でサプライヤ商材の情報を閲覧し、K O B U Y から、発注等機能を利用することができるものとします。

4.ご利用企業は、サプライヤカタログの公開を受けたサプライヤとの取引が終了した場合は、一貫堂所定の方法により一貫堂に通知するものとします。

5.一貫堂所定の理由により、利用開始設定したお客様指定サプライヤについてご利用を停止させていただく場合がございます。

第8条 サプライヤ商材の発注

1.ご利用企業は、発注機能を利用して、サプライヤ商材の発注を行うことができます。ただし、以下の事項は、各サプライヤの定めもしくは各サプライヤとご利用企業の合意によるものとします。
(1)サプライヤからの発注情報諾否の通知方法
(2)発注情報に係る売買契約等の成立時期
(3)サプライヤ商材のお届け・提供までの所要日数
(4)サプライヤ商材の返品の可否、返品条件、返品方法等

2.サプライヤがK O B U Y を通じてご利用企業による発注を受け付け、ご利用企業とサプライヤとの間に別途定めがない場合は、受注処理を確定した時をもって、ご利用企業と当該サプライヤとの間でサプライヤ商材に関する売買契約が成立するものとします。なお、ご利用企業のインターネット接続環境により、ご利用企業からの注文の送信時刻とK O B U Y の受信時刻との間にタイムラグが生じた場合、K O B U Y の受信時刻をもってご利用企業の注文時刻とするものとします。

3.ご利用企業とサプライヤの間で行われる取引について、一貫堂は当事者、代理人または仲立人としての義務を負わず、かかる取引の成立、有効性、サプライヤによる履行、サプライヤ商材に係る商品・サービス情報(商材の名称、仕様、価格、画像、サービスマーク、ロゴマークを含む商標等を含むがこれに限らない)、サプライヤ商材の品質ならびに販売に関する許認可の要否その他一切の事由につき何ら責任を負わないものとします。

4.ご利用企業とサプライヤの間のサプライヤ商材取引に関して生じた一切の紛争、クレーム等については、ご利用企業と当該サプライヤとの間で解決するものとし、一貫堂は何ら責任を負わないものとします。

5.ご利用企業がサプライヤとの間で別途の取引契約を締結した場合、ご利用企業と当該サプライヤの間の取引には、本規約に加えて当該契約が適用されるものとします。なお、本規約の内容と当該契約の内容が抵触する場合、ご利用企業と当該サプライヤとの間では、当該契約の定めが優先されるものとします。

第9条 請求書の発行

ご利用企業がK O B U Y を通じてサプライヤへ発注をした商品の請求書は、一貫堂が代行して発行し、ご利用企業はK O B U Y で請求書をダウンロードしていただきます。

第10条 免責事項等

1.一貫堂は、本規約に別途定める場合を除き、一貫堂の故意または過失によりご利用企業に損害を被らせた場合は、その損害を賠償する責任を負うものとします。ただし、一貫堂の予見の有無にかかわらず特別の事情から生じた損害、ご利用企業の指示に従って一貫堂が行動したことに起因して生じた損害、逸失利益および機会損失、ならびに以下の各号のいずれかに該当する損害については一切の責任を負わないものとします。
(1)通信回線の混雑もしくは故障、または停電等に起因して生じた損害
(2)地震、火災もしくは水害等の天災、または戦争、暴動その他の不可抗力に起因して生じた損害
(3)一貫堂が、サプライヤとの間の契約に基づき、サプライヤ登録を抹消したことに起因して生じた損害
(4)ご利用企業またはサプライヤその他の第三者の倒産、支払停止その他の支払能力の欠乏、不正取引、その他の債務不履行、商品もしくはサービスの瑕疵または不法行為に起因して生じた損害
(5)ご利用企業もしくはサプライヤまたはその被用者もしくは委託先の故意・過失または本規約もしくはご利用ガイド等に対する違反に起因して生じた損害
(6)ご利用企業もしくはサプライヤまたはその被用者もしくは委託先が通常の利用方法以外でK O B U Y を利用した結果の障害
(7)サービス利用環境に関する障害、不具合またはセキュリティ上の不備に起因して生じた損害、一貫堂が指定する以外の方法でK O B U Y とK O B U Y 以外のシステムを接続したことに起因する障害、その他K O B U Y 以外のシステムの障害等に起因して生じた損害
(8)一貫堂が一般の水準に従い不適切とされていないセキュリティ措置を講じていたにもかかわらず、これを破られたことに起因して生じた損害
(9)データの滅失、破損または変質による損害

2.K O B U Y の提供に関して一貫堂が損害賠償の責任を負う場合であっても、一貫堂が賠償すべき損害の範囲は、瑕疵担保責任、債務不履行、不法行為その他請求原因の如何を問わず、ご利用企業に現実に発生した直接かつ通常の損害に限られます。

3.一貫堂は、K O B U Y のバージョンアップを行う場合、ご利用企業に事前に通知します。この場合、ご利用企業は、一貫堂の定めるところに従い、当該バージョンアップを必ず速やかに適用するものとします。

4.一貫堂は、K O B U Y の品質向上に努めますが、K O B U Y において提供される商品等や情報(サプライヤが提供する情報を含む)、ソフトウェア(第三者のソフトウェアを含む)に関して、その安全性、正確性、確実性、有用性、合目的性、最新性、合法性、道徳性、パフォーマンスおよび結果、コンピュータ・ウィルスに感染していないこと、提供するソフトウェアの不具合やバグが修正されること等のいかなる保証を行うものではありません。また、万一、K O B U Y を利用したことによりご利用企業のコンピュータシステム等に障害が生じた場合であっても、一貫堂はその責任を負わないものとします。

5.K O B U Y およびそこで提供される情報の利用、第三者のソフトウェア等の使用によって発生する派生的、偶発的、間接的な損害等については、一貫堂は何らの責任を負わないものとします。また、K O B U Y の利用にあたりダウンロード等を行う場合は、ご利用企業自身の責任で行うものとします。

6.K O B U Y から他のWebサイトやリソースへのリンクをしたり、第三者が他のWebサイトやリソースへのリンクを提供している場合、一貫堂は当該Webサイトやリソースを管理していないため、当該Webサイトやリソースの利用可能性については責任を有しないものとします。また、一貫堂は、当該Webサイトやリソースに包含され、または当該Webサイトやリソース上で利用が可能となっているコンテンツ、広告、商品、サービス等に起因または関連して生じた一切の損害(間接的、直接的を問いません。)について賠償の責を負わないものとします。

7. 一貫堂では、個人情報を入力するにあたり、暗号化処理を行うなど適切なセキュリティ対策管理を実施しておりますが、その場合でも情報の漏洩等の危険性は否定できないことをご了承いただきます。

8.インターネット上のトラブルおよびご利用企業のネットワーク環境などに起因する注文の未着、E-mailの送信不良等による損害等については、一貫堂は何らの責任を負わないものとします。

9.ご利用企業は、本規約、ご利用ガイド等、一貫堂が定めてK O B U Y Webサイト上に掲示する各種ルールおよび法令等を遵守し、ご利用企業の責任と費用負担において、K O B U Y を利用するものとします。

10.ご利用企業が、K O B U Y の利用に関連して、サプライヤあるいは第三者に損害を生じさせまたはその他の問題を生じさせたときは、ご利用企業は自己の責任と費用においてこれを解決するものとし、一貫堂は責任を負わないものとします。また、ご利用企業の行為に起因して一貫堂がサプライヤあるいは第三者より何らかのクレームや請求を受けたときは、ご利用企業は自己の責任と費用において、一貫堂に代わって、これを解決するものとし、当該クレームおよび請求等について一貫堂において何らかの対応を行った場合は、一貫堂の請求に応じて、当該対応に要した費用を支払うものとします。

第11条 禁止行為等

ご利用企業は、K O B U Y の利用にあたり、次の各号に掲げる行為を行ってはならないものとします。
(1)当事者、代理人または仲立人その他形式のいかんを問わず、一貫堂がご利用企業の行う取引に関する何らかの責任を負う旨を表示する行為、またはかかる誤解を招くおそれがある一切の行為
(2)前号の他、サプライヤに錯誤を生じさせるおそれのある一切の行為、サプライヤとの契約を誠実に履行しない行為
(3)一貫堂または第三者の財産権、プライバシー権、名誉、信用その他の権利を侵害し、または侵害する恐れのある行為
(4) K O B U Y 上のカタログおよびK O B U Y Webサイトに掲載されている著作物の著作権その他の知的財産権等を侵害する行為
(5)法令、条例または公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為
(6)虚偽または内容の異なる情報を登録する行為
(7)他人名義もしくは虚偽のIDおよびパスワードを使用してK O B U Y を利用する行為
(8) K O B U Y ならびに一貫堂センターのE-mailアドレス等にアクセスして情報を盗取または改ざんする行為、不正アクセス行為その他K O B U Y の許された領域外にアクセスしようとする行為
(9)有害なコンピュータプログラム等の送信、書き込み行為、反復的かつ大量のデータの送信行為その他K O B U Y の正常な稼働に悪影響を与える恐れのある一切の行為
(10)その他一貫堂が不適切と認めた行為

第12条 知的財産権

K O B U Y およびK O B U Y に関連した著作物(カタログの商品等情報を含む)の知的財産権(特許権、実用新案権、商標権、意匠権およびこれらの権利を受ける権利ならびに著作権法第27条・第28条に定める権利を含む一切の著作権を含みます。以下同じ。)は全て一貫堂(一貫堂に掲載を許諾したメーカー等を含む)またはサプライヤに帰属するものでありご利用企業に帰属することはなく、また、K O B U Y の提供により、当該知的財産権がご利用企業に譲渡されまたは使用許諾されるものではないことをご利用企業は確認します。

第13条 機密保持

1.一貫堂およびご利用企業は、K O B U Y の提供および利用により知り得た相手方の技術情報、取引情報その他一切の業務上の機密(以下「機密情報」といいます。)を適切に管理し、相手方の書面による同意なくして、K O B U Y の提供および利用の目的以外には利用せず、かつ第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、次の各号に関する情報はこの限りではありません。
(1)知得時、既に公知であった情報
(2)知得後、自己の責めに帰すべき事由によらず公知となった情報
(3)正当な権限を有する第三者から守秘義務を負うことなく正当に知得したことを証することができる情報
(4)法令等(金融商品取引所の規則を含みます。)の定めにより開示を義務付けられた情報

2.一貫堂およびご利用企業は、前項の定めにかかわらず、自己の弁護士、会計士その他法律上の守秘義務を有する者に対しては、合理的に必要と判断される範囲において機密情報を開示することができるものとします。

3.一貫堂は、本条の定めにかかわらず、K O B U Y の運営上必要最小限の範囲で、秘密保持義務を課した上で、ご利用企業の機密情報を含むご利用企業情報を、委託先等の第三者に開示することができるものとします。

4.一貫堂は、第1項の定めにかかわらず、K O B U Y の提供により得られたご利用企業の情報およびご利用企業によるK O B U Y の利用状況等に関する情報を、一貫堂および一貫堂の子会社が提供するサービスの改良・改善・促進・開発等の目的で、分析・利用することができるものとします。また、一貫堂は当該目的のために必要最小限の範囲内において、ご利用企業名が明らかとならない形式で、一貫堂の子会社ならびに本条に定める機密保持義務と同等の義務を課した契約を締結した委託先に開示できるものとします。

第14条 解除

1.一貫堂は、ご利用企業が以下の各号のいずれかに該当した場合、ご利用企業に対し通知することにより無催告でK O B U Y ご利用契約を解除できるものとします。
(1) K O B U Y のご利用に関する債務(商品等の代金等債務を含みます。)の支払いを1回でも怠ったとき、または本規約の各条項の1つにでも違反したとき。
(2)自己の振出もしくは引受にかかる手形もしくは小切手を2回不渡りとしたとき、銀行取引停止処分もしくは手形交換所の取引停止処分を受けたとき、または一般の支払いを停止したとき。
(3)差押えもしくは仮差押えが執行されたとき、または強制執行、競売もしくは租税滞納処分を受けたとき。
(4)破産手続、民事再生手続、会社更生手続、特別清算手続その他これらに類する法的倒産手続(外国法に基づく手続を含みます。)の開始の申立てがあったとき、または解散したとき。
(5)その他財産状態が悪化し、またはそのおそれがあると認められる客観的事由が発生したとき。
(6)K O B U Y にご登録いただいた事項に虚偽が含まれていること、または他人の情報をご利用企業自身の情報として申告したことまたはそのおそれがあることが発覚したとき。
(7)一貫堂に対し、脅迫的な言動、暴力行為、一貫堂の名誉・信用を毀損する行為、偽計または威力による業務妨害行為、および不当要求行為をしたとき。

2.ご利用企業が前項のいずれかに該当したときは、ご利用企業はK O B U Y ご利用規約に基づく一切の債務について期限の利益を失い、ただちに全額を支払うこと、および一貫堂が、K O B U Y サービスによって注文された商品等の出荷を拒絶することができることを、ご利用企業はあらかじめ承諾します。また、一貫堂が前項に基づきK O B U Y ご利用契約を解除した場合であっても、一貫堂はご利用企業に対し、未払のご利用代金等の請求権を失わず、かつ既払のご利用代金等の返還義務を負わないものとします。

3.本条の定めに基づきK O B U Y のご利用契約を解除されたご利用企業に対しては、一貫堂は再度の利用登録をお断りする場合があるものとします。

第15条 通知・連絡等

1.一貫堂は、ご利用企業とのK O B U Y の利用に関する一切の通知・連絡等について、購買管理者を通じてこれを行うものとし、購買管理者は、ご利用企業のかかる通知・連絡等を発し、かつ受領する権限を有するものとみなします。

2.ご利用企業は、一貫堂に届け出た情報に変更が生じた場合、ただちにご利用ガイド等記載の方法により一貫堂に通知するものとします。

3.ご利用企業が一貫堂への通知を怠ったために一貫堂からご利用企業に対する通知・連絡等(商品等の配送を含みます。本項について以下同じ。)が遅延または不着となった場合、当該通知・連絡等は、通常到達すべき時に到達したものとみなし、一貫堂は遅延・不着に関し一切の責任を負いません。

4.K O B U Y に関して一貫堂から購買管理者に対してなされる通知・連絡等は、E-mailその他一貫堂所定の方法によるものとします。

第16条 K O B U Y の終了

1.一貫堂は、K O B U Y を提供することができないやむを得ない事由が生じ、K O B U Y を終了させる場合は、終了予定日の2カ月前までにご利用企業に告知した上で、K O B U Y の全部または一部の提供を終了することができるものとします。

2.ご利用企業は、K O B U Y の利用を終了する場合は、終了予定日の2カ月前までに一貫堂に告知した上で、K O B U Y の利用を終了する事ができる。

第17条 規約の改定

本規約および個々のサービスにおける規約に別段の定めがある場合を除き、一貫堂が本規約を改定する場合は、K O B U Y Webサイトにおいて事前に改定内容等を告知するものとし、改定日以降にご利用企業がK O B U Y Webサイトにログインしたことをもって、当該ご利用企業が改定後の規約に同意したものとみなします。

第18条  準拠法および裁判管轄

1.本規約、K O B U Y ご利用契約およびK O B U Y の準拠法は、日本法とします。

2.本規約、K O B U Y ご利用契約またはK O B U Y に関する紛争については、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

最終更新日:2020年8月26日